一時抹消時の印鑑証明

一時抹消後の廃車はまた印鑑証明が要ります

自動車の廃車登録には、自動車の車体を解体したときに届ける永久抹消登録と一時的に登録を抹消するだけで、また再利用する場合の一時抹消登録があります。一時抹消すればナンバープレートも返納することが出来、自動車税等の登録も無くなり、税金も課税されなくなります。
つまり永久抹消しなくても一時抹消すればそれでよかったのですが、自動車の解体費用の一部をリサイクル費用として新車登録時に預託する仕組みが始まったことから、実際に確実に適正に解体処理されていることを確認するために、それ以前と違って、解体処理した場合には、永久抹消登録することが義務付けられました。
これにより今まで実際には解体処分しても永久抹消登録しないでそのままになっていることが多かったのですが、それは出来なくなりました。また解体して永久抹消した場合限定で、車検が残っている場合は重量税の還付も出来るようななりました。ですから廃車するために解体処分したのなら、そのことを陸運局も確実に把握できるように制度が変わったと言えます。しかしこれにより、少し困ったことも出てきました。
永久抹消すると、抹消謄本のような書類が出なくなるので、抹消後手元に何も書類が残らないからです。手元に自動車がどうなったかを公式に示す書類が残らないのは、任意保険の中断証明書を発行してもらう場合に困ります。また車庫証明を申請していた車庫を新たにまた違う車の車庫として申請する場合にも困ります。また自動車があった記念になるような書類が無いのも少しさびしいかもしれません。廃車して永久抹消した後に発行される書類で何か代わりになるものとしては、登録事項証明書があります。これは、廃車しなくてもいつでも自動車の登録がどうなっているかを証明する書類として申請すれば発行してもらえますが、この書類だけは永久抹消後も発行できますので、永久抹消した場合に一緒に申請してもらっておくと良いでしょう。一時抹消した車はその後新規検査を受けることで、また新たな番号を貰って利用できるようになります。この際には新車を登録する場合と同じように登録します。車庫証明も、印鑑証明書も必要です。また結局、再登録せず解体した場合には、やはり永久抹消するように義務付けられています。この場合も実印と印鑑証明が必要になります。印鑑証明が2通ない場合は、抹消する前に解体するようにしないといけません。再利用する予定が無いのなら、解体してから永久抹消と言う手順で登録する方が良いでしょう。

Copyright© 2014 廃車の価値を知って、有効的な活用をするために All Rights Reserved.